HOME>温かな管理サービス>大地と触れ合う暮らし

■林間の遊歩道をトレッキングする
みのりの村管理センターでは林間の遊歩道を整備。自然の中のトレッキングには絶好のコースです。また遊歩道の入口にはドッグランエリアも広がっています。チロチロと流れる水系をワサビ田にする構想も…。材料にする木材や石などは無限大にありますので、スタッフたちの夢も大きく広がっています。
野生の動物たちも生息しています
 国立公園の敷地となるみのりの村の山深いところには、野鳥をはじめ、リスや野ウサギ、シカ、キツネ、タヌキ、イノシシなどの野生動物たちが生息しています。この写真はシカの足跡。雨上がりの地面にくっきりと足跡が残っています。
山を散策すれば美味しい出会いも!自生するクレソン、野いちご…。
広大なみのりの村を探検すれば発見やおいしい出会いもいっぱいあります。自生するクレソンや野いちご、きいちご、冬いちご、ワラビ、ゼンマイ、タケノコ、ジネンジョ…。サルナシ、ヤマボウシは果実酒に…。採る楽しみ、食べる楽しみは自然と融和して生きる幸せを感じさせてくれます。来年も収穫したいので、みんながマナーを守って自分の食べる分だけ採っていきます。
■本格的に土いじり! 貸農園で愉しく家庭菜園を。
遊歩道の入り口には32区画の家庭菜園をご用意。オーナーの皆様がトウモロコシ、さつま芋、トマト、ナス、ハーブなどを栽培しています。少し歩けば富士箱根伊豆国立公園に指定された大自然ですので、作物が動物たちに食べられてしまわないよう、太陽光発電を利用した電気柵を整備しました。管理センターの職員たちもこの菜園を利用し、サツマイモやトウモロコシなどを栽培。別荘オーナーの方々が集う夏まつりのイベントの際に振舞ったり、みのりの村センターで朝採れ野菜を格安で販売しています。
管理スタッフが育てた野菜は夏祭りにも活用!
夏まつりにはこの菜園でたくさん収穫できたジャガイモを振舞いました。ジャガバタにして食べると甘みが引き立ち、なかなかの美味。山盛りにしたジャガイモが早々になくなりました。芋の花は白とピンクがかった紫色が混ざりとてもかわいいんです。

みのりの村管理センター

みのりの村の温泉施設

別荘オーナー様専用

みのりの村 物件情報

みのりの村 物件情報

グループ企業 天龍造園建設(株)

グループ企業(株)ニューテック